Font Size

Cpanel

コミタス・カルテット プロフィール コセミャン

アレクサンダー・コセミャン(男性=ビオラ)Aleksandr Kosemyan - viola

 コセミャン・アレクサンダー・スレノヴィッチはエレバンで1946年に生まれる。アレクサンダー・コセミャンはコミタス国立音楽院でフラチャ・ボグダニャン教授の下で学び、1970年に卒業。彼はアルメニア国立テレビ・ラジオ交響楽団で演奏し、アルメニア交響楽団のコンサートマスターになった。コセミャンはガンゼル古代音楽アンサンブルのソリストを1976年から1998まで務め、メリキャン音kosemyan1楽アカデミーとチャイコフスキー特別音楽学校で1995年から教えた。1990年から国立コミタスカルテットで活動している。この間、カルテットの団員として30カ国以上で公演。アルト楽器のソリストとして演奏。エレバン国立音楽院の教授であり、アルト(ビオラ)とバイオリンのクラスを指導。コセミャンは高度なプロフェッショナルであり、仕事に忠実な演奏家、教育者である。数世代のアルトおよびバイオリン演奏家を養成した。カルテット団員として自己の才能の優れた面を発揮した。2008年にアルメニア共和国功労芸術家となり、教授、アルメニア共和国のガブリエリャン=アスラマジャンコンクールの審査員を務める。様々な作曲家の作品の編曲がある。プロフェッショナルな活動に対して感謝状や表彰状多数。アルメニアの作曲家によるいくつかのアルト楽器の作品が彼に捧げられ、彼が初演した。コセミャンは長年にわたりアルメニア・ラジオ・オーケストラとアルメニア・フィルハーモニー・オーケストラで活動した。彼はヨーロッパ、アメリカ、アジア諸国で演奏した。

現在地: Home 活動・事業 コミタス・カルテット2014 コミタス・カルテット プロフィール コセミャン