Font Size

Cpanel

コミタス・カルテット プロフィール イェリツィアン

シュージィ・イェリツィアン(女性=第2バイオリン)Syuzi  Yeritsyan  -  2nd violin 

イェリツィアン・シュージィ・サムヴェロヴナはエレバンで著名なバイオリン製作者yerityan1の家に生まれた。彼女はチャイコフスキー音楽カレッジ(著名な教師、P・ヒャカジヤン)を卒業した。エレバン・コミタス国立音楽院に進学、アルタシェス・ムクルチャン教授の下で、今は助手を務める。ソリストとしてしばしばアルメニア交響楽団と共演、彼女はポンマースフェルデンやシュレスウィヒ-ホルスタイン(ドイツ)などの多くのフェスティバルに参加した。1997年には彼女は若手バイオリニストのためのコチアン国際コンクール(チェコ共和国)で優勝。イェリツィアンはアラム・ハチャトリヤン国際バイオリンコンクール(2005年、アルメニア)で2位を獲得した。彼女は フランス、ドイツ、チェコ共和国、日本、イギリス、アメリカ、カナダ、シリアおよびレバノンでコンサートやリサイタルを開催し、室内楽メンバーとして登場している。 シュレスウィヒ-ホルスタインフェスティバルオーケストラと共に、彼女はハンガリーとブラジルで公演、2007年には彼女はハチャトリヤン・カルテットのメンバーになる。コミタス・カルテットで2008年から活動し、第2バイオリンを務めている。有能な音楽家であり、国際コンクールの入賞者であり、またエレバン国立音楽院の弦楽器講座の助手を務めている。カルテットの団員として諸外国で公演。ソリストとしても演奏。カルテットでは高度なプロフェッショナリズムを備えた規則正しい芸術家として存在をアピールした。仕事に忠実な芸術家。アルメニア共和国のガブリエリャン=アスラマジャンコンクールの審査員。オーケストラとの共演多数。

現在地: Home 活動・事業 コミタス・カルテット2014 コミタス・カルテット プロフィール イェリツィアン